カウンセリング

治療で維持できる

家族がうつ病になった時、とてもつらいですが治ることを信じて薬の服用を続けるのみです。この薬には精神を安定させるものが含まれるため悪化を防ぐことも出来るでしょう。

レディ

限界を感じている

薬を服用しながらうつ病の治療をしても、全ての人に効果が出るとは言い切れません。結局症状が改善されないまま苦しむ患者もいます。うつ病を理解することでサポート出来ますから覚えておきましょう。

再発させない

ハートと聴診器

気分が落ち込み、何もする気がおきないうつ病は現代社会人を蝕む心と体の病です。重症化すると死について考える事が多くなり、最悪自殺に至るケースもあります。重症化しないためにも、病院を受診してうつ病の薬を服用することが大切になります。このうつ病は、一度症状が収まっても薬の服用を続ける必要があります。理由は再発するからです。うつ病は何度も再発を繰り返すと、治りが悪くなり前回よりも症状が悪化する傾向にあります。また、うつ病を再発すると辛い目に遭わないためにこの世から消えたくなります。そのため、回復期における再発のリスクを下げる意味でも医師の指示に従い薬の服用を続けることが重要になります。またうつ独特の症状が出ている場合突然薬の服用を止めるのではなく段階を踏んで徐々に減らすのが正解でしょう。服用期間は症状の出方で違いますが大半は一年から二年程度といわれており、慢性化や重症化している際はより長い期間薬の服用を必要とする場合もあります。

うつ病に多いマイナス思考を少しずつなくしていく事も症状を悪化させない大切な取り組みです。特に仕事関連でうつ病になった患者は、抱え込むには難しい量の仕事を責任感でこなしてしまいがちです。このような状況では、治るものも治らないでしょう。自分で処理が出来なかった分は第三者に手伝ってもらうなど、考え方を180度変えれば気分を下げる事はありません。さらにうつ病を患うと不安感や恐怖感で眠れなくなり、不眠症に陥るケースもあります。一度布団に入っても、夜中何度も目が覚めてしまい体に大きなストレスがかかります。こうした症状が何度も続いている場合、うつ病の再発を疑った方が良いでしょう。放置すれば、状況はさらに深刻化していき、手に負えなくなります。

うつ病は薬や精神療法を使って治せる病ですが、周囲のサポート無しでは難しいのが現状です。まだ世間ではうつ病を心の弱さと怠けと捉えることもあるため、風当たりも厳しいです。そのような状況でうつ病の治療をしてもバッドエンドしかありません。家族や周りの人がサポートをするためには、再発のリスクをしっかりと把握し、生活リズムを安定させる事も重要でしょう。会社なら仕事量を調整して周囲と協力すれば一人で抱える仕事量を減らすことができます。再発させない大切な取り組みは患者に無理なストレスを与えないことなので、サポートと薬の服用を真面目に行なう必要があります。

ウーマン

進行する前に

通常、うつ病は薬を使って治療を進めますがあまりにも進行しすぎると薬の効果を発揮できなくなる可能性があります。早期回復を目指すためにはやはり症状の進行を注意深く見る事が重要です。