進行する前に

ウーマン

内臓系の病気と違って、うつ病を発症した時にそれを特定する症状が出ないので悪化するまで気づかないことが多いです。また、ある日突然発症するものではないため日常的に何らかの変化が重なると気づきやすいようです。うつ病の症状で多い初期症状に、食欲不振や不眠症、意欲の低下等が挙げられます。体調が悪くなると外出や仕事にいくことも億劫になり、ふさぎ込んでしまいます。これらの症状が何週間か続くといくつの症状が重複してうつ病と診断されます。うつ病になった場合、思考がマイナスなのでプラスに働きかける治療を率先して行わないといけません。またうつ病は薬を服用しないと、考えがまとまらないダメな人間だと感じるようになります。何故自分は存在しているのか、生きているだけで迷惑をかけている等とどんどんマイナス思考になっていくため、続くと死を考えるようになるでしょう。うつ病は薬を服用しないと常に憂鬱な気分が抜けきれなくなるので、日常生活に支障をきたします。そうなる前に家族や周囲の人がうつ病の症状と進行を確認し、病院を受診させる必要があるのです。

健康な人の心は、日常生活で悲しいことや辛いことが起こっても、数日すれば前向きに考える事ができます。憂うつ感も気づけばなくなっているでしょう。これが正常です。しかしうつ病になると気分が沈みやすくなるため、薬を服用しながら調整をする必要があります。さらにうつ病は辛く、悲しい出来事があるとそれに耐えられる精神状態ではないため強いストレスになるでしょう。その感情も周囲に分かってもらえない事が多く、絶望感が押し寄せてくるのです。原因としては、周囲が受け止める現実とうつ病患者が思う現実が合っていないことです。価値観もありますから、全員がうつ病を理解するのは到底難しいです。しかし、うつ病は頑張りすぎた事で発症する精神疾患なので、今元気な人も何らかの原因が重なり発症するリスクはあります。それを踏まえた上で、うつ病とは何なのかをしっかり理解すること、そしてうつ病の治療に貢献する薬の種類に関しても知識を深めておく必要があります。

うつ病と一口にいっても様々なタイプがあります。患者の数が最も多く、薬が欠かせないものは大うつ病に分類されるでしょう。また、うつ病と似たような症状を引き起こす双極性障害は抑うつの場合、うつ病との区別がつきにくいためサインを見逃す事が多いです。さらに双極性障害は一度気分が上がると、よくしゃべるようになり自信過剰になる傾向にあります。普段おとなしい人が、急に明るくなり、積極的になった場合双極性障害を真っ先に疑うでしょう。ただうつ病の中でも比較的症状が軽いタイプもあります。それに該当する気分変調症は、軽いうつ症状があるもののその状態が長く続くのが気分変調症の特徴です。体の不調が何年も続いており、気持ちがすっきりしない場合は早めに心療内科と精神科を受診し、薬や他の治療を混ぜていきましょう。そうすれば早い段階で回復します。若い人を苦しめるうつ病は、非定型うつ病です。中心部にはとても強い抑うつ症状が隠されており、それが爆発すると症状をより早く進行させてしまいます。主な症状としては日中常に眠くなり、テンションが上がるような良い出来事があると気分が回復することです。うつ病の初期症状としては、微笑みうつ病にも気を付けたほうがいいです。比較的まだ症状が進行していない状況なので、周囲に心配をかけないようひたすら笑顔です。この状態を放置すると、大変危険なので少しでもうつ病のような症状が見受けられたらそっと手を差し伸べましょう。