治療で維持できる

カウンセリング

気分の浮き沈みや体調の悪化に伴い、受診先でうつ病と診断された時は症状を抑えるための薬を処方します。この薬にはうつ病の症状を和らげる成分が沢山含まれているので、真面目に服用すれば気分の浮き沈みと食欲や不眠症がなくなります。ただ、心療内科や精神科で処方される薬は大変効くので、医師の指示に従い飲めば心と体も元気になります。家族も一安心でしょう。しかし症状が良くなったからと薬の服用を独断でやめてしまうこともありますが再発のリスクがあるため、医師に相談なしでやめるのは大変危険です。基本的に、うつ病になってか半年は薬を服用することが重要でしょう。うつ病になる前の生活に戻るまで気は抜けませんし、治療をしていく中で環境は確実に変わっていきます。それらに対応できる心の強さを持つまでは、薬の服用を止めるわけにはいかないでしょう。

うつ病は様々な理由で発症しますが、一番は人間関係と出産、仕事に関連する事です。これらの症状は医師から処方される薬で和らげられますが、副作用も少なからずあります。それが原因でうつ病をより深刻化するケースもありますがうつ病の薬とまったく関係ないものでも発症することがあります。引き起こす疾患としてはガンや心筋梗塞です。日本人の三大疾患に含まれるこれらの病は、命に係わる重大なものです。普通に生活していた人がいきなり大病を患うと精神が持たなくなりうつ病を発症するリスクが高くなります。ガンや心筋梗塞だと本当に助かるのか等の不安が一気に押し寄せてくるため、情緒不安定になりやすいでしょう。他の病だと脳血管障害でしょうか。血液中に含まれる酸素の巡りが悪くなることで発症する病ですがこの病が中脳に影響を与えるとセロトニンとドーパミンの分泌が少なくなり、うつ病に発展することも考えられます。病気への不安だと慢性疼痛も当てはまります。この疾患は病気やケガ関係なく、常に純痛を伴うのでこのような状況が何年も続けば誰でもうつっぽくなります。とはいえ、うつ病も精神疾患の一つになるため他の病気と関連づけるのは難しいといえます。しかし、不安が多く押し寄せると自分で対処できなくなるため、全く関係ないとは一概に言えない状況です。薬の副作用に関しては、うつ病を診察した医師から事前に説明がありますので、問題はないでしょう。この副作用にはインフルエンザのような熱と節々の痛み、不眠や幻覚、不安等精神神経症状が見受けられますが、副作用が強く出る場合別の薬に切り替えることも可能です。実際、うつ病の薬でうつ病が悪化した事例もあるため、自分に合わないと感じた時点で医師に相談すべきでしょう。体と心にフィットする薬を服用すれば、うつ病を克服することができます。